2018/02/09

欲しかったが、売れてしまった物件 1週間後にした方が良いこととは?!

こんにちは。
今日はとても良い天気で、気持ちが良いですね。

このままポカポカ陽気の春が来て欲しいものです。

さて、
先日は、気になっていた物件?に買い付けが入ってしまい本当に残念でした。
すっぱり諦め、気持ちを切り替えて次に!!
なんてたくましい方もいらしゃることでしょう。

が、諦めるのはまだ早いのです。
でもそろそろ1週間くらい経過しますが、その後、買付を入れた方は本当に物件を購入されているでしょうか?
と疑ってみても良いかもしれません。

場合によっては、買付を入れたものの、キャンセルされるケースもあり、
うまくいけば、昨日のブログのような展開になるかもしれません(笑)。

昨日のブログは こちら

では確認の仕方は、どうしたら良いかといいますと、
不動産会社に連絡をして、あることを聞いていただければ良いのです。

あることとはなんでしょう?

それは
「契約したかどうか?」です。

通常不動産購入の目安は?
「売買契約が締結されているかどうか?」これが大きな要素となります。

売買契約されていると、
それ以後、売主さんも買主さんも、「やっぱりやめた。」って安易に辞めることができなくなるのです。
辞める時は、売買価格の10%程度の違約金を支払わねばやめられないので、
よほどの事情がなければ損してまではやめないのです。

もし万が一、キャンセルされていたら、逆にチャンスが到来いたします。

そんなこともありますので、
売れたと言われた物件であっても、
ぜひ、1週間後に売買契約されたかどうかをご確認して見てくださいね。

コメント

非公開コメント