2016/11/22

最も安全安心かつ手間いらずな不動産投資法とは?2

昨日の記事をお読み頂きました皆様ありがとうございました。

謎めいた記事で申訳ございませんでした。

今日は謎解きを致します。

最も安全・・・資産価値の減少が少ない

最も安心・・・入居者の変動が少ない

手間いらず・・・自分自身が賃貸経営に関与する事がほぼない。

このように置き換えてみると、どのような投資が良いか徐々にわかってきますね。

最も安全なのは、
・区分ワンルームマンション
・アパート 一棟マンション
・一戸建
・区分ファミリーマンション

このうちどれかと思いますか?


一つの切り口として、賃貸時の傾向を考えてみますと、

区分ワンルームマンション、一棟アパート、一棟マンションの単身向けのお部屋につきましては、入居期間が、ファミリータイプのお部屋と比べますと、比較的短いと言う傾向にございます。
おおよそ。3〜6年くらいでしょうか。

また、家賃の特徴と致しまして、一般的に築年が古くなればなるほど、下落の圧力を受けますので、入居者が退去した後に、再度募集する際、家賃を下げて,募集しなければ。お部屋が埋まらないなんて事例も良くあるのです。

それに対して、
一戸建、区分ファミリーマンション、アパート,一棟マンンションのファミリータイプの物件は、単身用と比べた場合、入居期間がおおよそ、6〜12年と長いのです。

要するに、入居者が退去しない間の家賃額は、よほどの事が無い限り、下落はしないのです。

これだけでも安心安全な訳です。
また、退去や募集が無い分手間いらずとも言えるのです。

続く・・・。


コメント

非公開コメント