2016/11/18

住宅ローンが借りられなくなるスマホクレジット払い引落しの罠

皆様これまでに、
携帯電話料金が、銀行口座にお金を入れておく事を忘れた為に、
「引落しが出来なかった。」
なんて経験はありませんか?

また、すぐ入金したので、
「大丈夫でした。」
そんな経験はございませんか?

もしそんな経験をしているようでしたら、あなたは、その時から5年間、住宅ローンなどの融資利用が出来なくなる事をご存知でしょうか?

では?なぜそのようなことが起きるのでしょうか?

それは、スマホが高額なため、最近は24回クレジット払いで購入される方が多いのです。
所謂2年縛りと言うやつです。

スマホ契約時に沢山の書類にサインをされると思いますが、その際に、信用情報関連の書類が会ったら要注意です。(個別信用購入あっせん購入申込書)
この契約書の意味は、「分割支払い期日迄に支払いが行われない場合、支払いが遅延した旨が、信用情報にのってしまう。」という意味なのです。

この信用情報にのってしまうと、住宅ローンの審査にはねられてしまうのです。

だから、支払い期日には、支払えなかったけど、気がついたから、すぐ支払ったから大丈夫とは、ならないのです。
金融機関の理屈では、それはアウトとなってしまうのです。

ですから、皆様には、本当に気をつけて頂きたいのです。

コメント

非公開コメント