2016/10/25

リノベーションブームで中古マンション価格が上昇

三大都市圏で、中古マンション価格の上昇が続いています。

名古屋市では、主に中心部の価格上昇が続いているのですが、その背景には、リノベーションブームがあると思われるのです。

名古屋では従来、中古マンションを購入する層は、少しでも安く買いたい方が主流であり、簡単なリフォーム程度で、価格低めで取引される傾向が強かった記憶がございます。

そのような層が多かったため、売手も過剰なリフォームを行っても、売値が上がる事は無かったため、そのままの状態で、リフォーム価格を値引きして販売するか?もしくは、最低限のリフォームで済まして、販売するような手法が多かったと思います。

賃貸市場でも同様で、リフォーム価格が賃料を押し上げる事は、あまり無かったような気がします。

ところが、昨今、リノベーションによって、物件の売値や家賃が上がる事が多くなって来たのです。

其の原因は、従来のリフォームと比べて、リノベーションの方が、ダントツにセンスが良くお洒落な事が上げられるでしょう。

技術というか、センスが各段に上がったので、リノベーションしたお部屋に住みたいと言う層が現在増えているからだと思われます。

しかも築古のマンションでも、都心やブランド立地の高級住宅地に位置する物件であれば、ビンテージマンションと呼ばれ、注目が集まるようになるにつれ、まず川上で不動産会社が、中古マンションを購入し、リノベーションを行い、販売するような事が増えて行きます。

そのような業者が増えるに従って、物件の取得競争が起こり、徐々に物件価格が押し上げられて行っている状況なのです。

今の状況は、まだ暫く続きそうなので、猫も杓子もリノベーションの状態が暫く続きそうです。



コメント

非公開コメント