2016/04/15

不動産投資には流行がある。

不動産投資には、流行がございます。

古い話で恐縮ですが、1990年バブルの頃には、ワンルームマンション投資が大流行しました。

その後はバブルが弾け、ワンルームマンション投資で人生大変な事になった方が多数おられました。

その後は、2000年を超えて、2003年頃から、サラリーマン大家さんブームが発生し,主にサラリーマンが、億単位の借入を利用して一棟マンションを購入するRC一棟マンションブ投資が大流行しました。

当時は、メガバンクが、日本全国津々浦々、そのメガバンクの支店があるところでしたら、いくらでも融資が出ましたので、大変なブームが起きました。

そのブームも、2007年12月に、そのメガバンクが融資をしなくなってからは、サラリーマンが億単位の融資を引く事が、出来なくなった為、終息して行きました。

億単位の融資が出なくなった2008年頃からは、融資を受けなくても始められる地方 激安一戸建・アパートブームが起こりました。
それこそ地方で、100万円以下で一戸建てを現金で購入し、セルフリフォームして、賃貸すると言うシンプルなロジックが受けて、この投資を始める方が増えました。今でも根強いプレイヤーがおられます。

同時期に、地方激安一戸建やアパート投資に刺激を受けたのか、都心でも古い一戸建やアパートを改修して、さらに賃料収入をUPさせる取り組みとして、シェアハウスブームが起こりました。一時期、旅館業法や消防法等に抵触する等、法令上のグレーゾーンをかかえながら、現在もブームは続いています。

次に東日本大震災以後、国策の一環として、太陽光発電投資が脚光を浴びます。
何と言っても、政府の買取保証や税務上の特典も魅力のこの投資に、それこそ国債を買うかのように、多くの方が太陽光発電投資を始められました。

同時期には、超円高のさなか、海外不動産投資がブームになりました。
日本人が日本人を騙す詐欺話も見受けられましたが、円安に触れた今も、ブームは根強く、多くの方が、海外不動産を検討されています。

そして、最近では、Airbnb(民泊)が大流行していますね。
不動産の一室をホテルや旅館の一室として見なし、レンタルするサービスで、家賃の何倍も収益を上げる人が続出しています。

このように不動産投資には、流行がございます。
皆さんは、どの投資に興味がございますか?

コメント

非公開コメント