2016/04/11

不動産投資の融資 日本政策金融公庫

サラリーマンが最初の物件を購入する時に、お世話になる金融機関と言えば、日本政策金融公庫が有名ですね。

借入額1,000万円未満、通常金利2%前半、返済期間10年ならば、初めての方でも、借入が可能となり事が多いように思いますが、女性、30未満の男性又は、55歳以上の男性の場合は、優遇措置があり、返済期間15年、金利1.4%〜、2000万円位までの枠で、何度でも借入が出来るようです。

但し、最近は国からの要請でもあるのか?
不動産に関しては、貸し渋りが始まったような感もみられるようです。

もしかしたら、今迄のようには借りられなくなるかもしれません。

また、担当者によって、対応がかなり違うのも日本政策金融公庫の特徴です。

融資に積極的な、担当者もいれば、消極的な担当者もおり、この担当者ならば、借入が可能となるのに,この担当者では、話が進まない等、そんなお話がいくつも聞こえてくるのです。

出来れば、積極的な担当者とやり取りしたいところですが、実際あたる担当者は、運次第のところもありますので、積極的な担当者とやり取りしている方からの紹介が望ましいと思うのです。



コメント

非公開コメント