FC2ブログ
2018/05/26

賃貸併用住宅!!投資初心者に難しい自己責任とは?!

こんにちは。
九州で梅雨入り宣言が出たようですね。
東海地方も、そろそろなので、洗濯や冬物の日干しは、天気予報を見て、お考えください。

さて、
昨日は、「賃貸併用住宅は、賃貸経営経験のない方には難しい。」ということについて書かせていただきました。

昨日のブログは、こちら をご参照ください。

では、結論賃貸併用住宅は、賃貸経営経験のない素人はやらない方が良いのでしょうか?
今日は、このテーマで書いて見たいと思います。

まず逆に、
賃貸併用住宅のメリットを列挙しますと、
・市場最低水準低金利住宅ローンが利用できる。
・家賃で自宅部分の住宅ローン返済ができる人が払ってくれる(=家賃で自分の資産が形成できる。)
・働けなくなっても、持ち家がキープできる安心感。

これだけのまるとくポイントがあるわけですので、検討したい方も多いことでしょう。

ただし、はなから賃貸併用住宅を受け入れたくないタイプの人達がおられます。

それは、
・自分の敷地内に他人が住むことに我慢がならない方。※生理的に無理
・賃貸経営が嫌いな方、無理な方
自分がこういうタイプであると認識されている方は、はなから検討もしないことでしょう。

上のような方を除いて、
賃貸併用住宅に興味はあるけれども、賃貸経営はしたことがない方々。
実際こういう方の方が多いのではないかと思います。

これらの方々の賃貸併用住宅に向かない点を書き出して見ますと、
・「賃貸経営経験がないため、全てにおいて自分でベストな判断ができない。」
     ↑
これに尽きるのではないかと思います。

この判断という言葉の中には、実は、深い意味があるのです。
不動産以外でも他の投資経験がある方には、理解できることに。「自己責任」という言葉がございます。

自分が判断して、行ったことの全ての責任は、最終的には、自分が負わねばならないというのが、
投資の世界では、常識なのです。
例えば、
「株式で儲からない株を買ってしまって、数十万円損をした。」
ただし、数万円払って、プロのトレーダーのセミナーに行き、そこで教えてもらった推奨株を買ったものの、
その後株式は下落し、慌てた、その人は、急いで売ったため、
「数十万円損をした。」

世の中では、このようなことは、割とございますが、だとしても、
セミナー講師であるプロのトレーダーのせいではありません。
お金を返せと、訴えても仕方がないのです。
おそらくレジュメにも、自己責任が明記してあることでしょう。

また。こういう話には、後日談もございまして、後日株が急騰して、セミナーのお話通りの結果になった。
なんてこともザラなのです。
要するに、パニックのあまり、売るタイミングを見誤ってしまったに過ぎなかった訳なのです。

不動産でも同じことが言えるのです。

不動産会社から紹介された物件を購入するしないは、人それぞれですが、
その物件を、購入する際に、不動産会社の担当者のアドバイスを聞いて、購入することは世の中では多いと思いますが、
購入後、自分にとって、都合の悪いことが起こった場合、
「不動産会社に騙された。」となる方も多いのですが、
不動産会社が物件について虚偽の説明をしていれば別ですが、そうでなければ、決して騙されたたことにはならないのです。
自分にとって不都合なことが起こり、損害が出たとしても、それは、あくまで自分自身の調査不足、目論見不足にすぎないのです。

投資信託などを購入する際には、目論見書を読んで、判断する人も多いことでしょう。
うまくいけば、何%?かの利回りで運用できますが、決してそれを保証しているわけではなく、元本が保証されないこともあるのが、投資信託の世界です。世界中で、損した人もいれば、儲かった人もいるのです。
できれば儲かる側になりたいですよね。

ただ、そのような現象を危険視して、投資に手を出さなければ、資産を減らすことはありませんが、決して資産を増やし形成することはできません。
ただし、このような考え方は、すでに時代遅れの考え方だと言わずに入られません。
今の時代は、否応無しに、リスクをとって、リターンを得ることで、資産形成を図るか、何もせずに、資産を減らし、貧乏老人になるか!の二択となってしまいました。

ただし、人生において、どのような選択をするか!これも自己責任なのです。
何もしなくて、老後貧乏になったとしてもそれは、自分の招いた結果なのです。
「国が悪い。」と吠えても後の祭りです。
だいたい決断できない方ほど、人のせいにして、決して自分が悪かったことを振り返ることは少ないのかも。


このような自己責任の立ち位置の理解が、
自宅と、不動産投資的な要素を併せ持つ賃貸併用住宅の取得の第一歩ではないかと思うのです。

皆様はどうお感じになられるでしょうか?

コメント

非公開コメント