FC2ブログ
2018/05/17

今購入しても良い物件とは?5 小まとめ編

こんにちは。
一度「今購入しても良い物件とは・・?」シリーズを整理してみようと思います。

ちなみに、
このブログで書いているのは、
あくまで
・不動産を投資レベルで考えており、事業レベルまではやりたくない方
・本業やリアルの時間を不動産に費やしたくない方。
・専門家に任せられることは極力任せたい方 
・不動産投資で、Jリートやインフラ投資ファンド以上の投資パフォーマンスを出したい方
こんな方が対象です。

自分で、
物件探しから、DIYリフォーム、自主管理などを行うのは、もってのほか・。
そんな時間があったら、本業や子育てに没頭したり、優雅に趣味の時間を持ちたい方に向いているのです。

ちなみに これまでのブログは、

1.今購入しても良い物件とは?1 不動産価格高騰編
 こちら を、

2.今購入しても良い物件とは?2 住宅ローン編
  こちら

3.今購入しても良い物件とは?3 賃貸併用住宅編
  こちら

4.今購入しても良い物件とは?4 賃貸併用住宅の収支編
   こちら

をそれぞれ、ご参照ください。

まとめますと、
「今購入しても良い物件とは?1」では、
今の市況下では、物件価格が高騰しており、収支が合わないものも多いので、慎重に物件選びは行ってください。というメッセージが入っています。

収支が合わないことについて少しご説明いたしますと、
・中古物件の場合、今の価格が高いので、将来売却する価格が、購入した価格より安い価格でしか売れない可能性を考えた方が良い。
・利回りが低いので、毎年の手残りキャッシュフローが少ない。逆ザヤは最悪。

収支が合わないことにつきましては、このように、将来の売却益と毎年の手残りCFの両面を考えてのお話です。
よって、特に中古物件購入については、慎重にご判断された方が良いかと思います。
新築の方が、まだその点は、収益性が高いので、購入を検討しても良いかと思います。
※新築については、また別の機会で書かせていただきます。

「今購入しても良い物件とは?2」では、
住宅ローンの金利が、今現在史上最低の水準にあることを説明いたしました。
この低金利のローンを利用できたら、かなり得するのは、お分かりになりますよね。

「今購入しても良い物件とは?3」では、
賃貸併用住宅という種類の不動産を購入することで、
・働けなくなっても、追い出されず持ち家としての住まいが確保できる

「今購入しても良い物件とは?4」では、
・実質タダで持ち家が手に入れることができる
・住宅ローンの支払いがあっても、木造の場合、低金利、経費率が低いので、投資的にも適している。

というようなことを書いてきました。
明日からは、それ以外に購入しても良い物件について書こうと思います。

コメント

非公開コメント