2018/05/15

今購入しても良い物件とは?3 賃貸併用住宅

こんにちは。
一転夏日ですね。
天候が極端ですと、体調の管理も大変ですね。

さて、
働く女性にとって大切なことは一体なんだと思いますか?

住まい。
住むところって案外大事ではないでしょうか?
なので、賃貸ではなく、持ち家があった方が良いですよね。
老後を見据えて考えますと、
仮に働かなくなったとしても、家があれば、最低限住むところは確保できますので必要ですよね。

でも、
現金で持ち家を購入するって、ハードル高いですよね。
だから住宅ローンを使うわけなのですが・・・。

そう考えた場合、住宅購入の際に利用するローンの返済は、働けなくなった時にネックとなりますね。
この支払いがあるうちは、まだ真の持ち家とは言えず、家賃を払って賃貸住宅を借りている状況とあまり変わりません。
支払いができなくなれば、家を出て行かなくてはならないのです。

では、そこを解決する方法があったとしたら、どうでしょうか?
そんな時に検討していただきたいのが、賃貸併用住宅なのです。

簡単に言ってしまうと、自宅と賃貸用の貸し家部分を、同じ敷地に、同じ建物内に建設します。
これによって、貸家部分をも、住宅ローンを利用することができてしまうのです。
※通常貸家(=収益物件)を購入する時に、金利の低い住宅ローンを利用することはできないので、メリットが高いのです。

住宅ローンを利用するためには、自分が住む住居部分と貸家の面積をちょうど1/2づつにしておく必要がございます。

よくあるパターンでは、2LDKの住居部分と1K×3戸の貸家部分の構成とかであれば、貸家の家賃で、住宅ローンが支払えてしまいますので、もし働けなくなったとしても、家賃収入があるおかげで、住宅ローンの支払いは可能となるのです。

これなら安心ですね。


コメント

非公開コメント