2018/04/29

物件内見のポイント 単身用物件編

こんにちは。
今日は日曜ですが、昭和の日で祝日となるんですね。

祝日定休のお店にご注意くださいね。
かくいう私も祝日定休のクリーニング店に行ったら、お休みだったのです(汗)。

さて、
まとまったお休みの取れるゴールデンウイークに物件を見たいという方も、きっといらっしゃるでしょう。
ということで、本日は、物件内見のポイントについて書かせていただきます。

さてまずポイントの一番目は、
「不動産会社が休み」
です。

のっけっから申し訳ございません。
そうです。不動産業界は、盆暮れ正月とGWはしっかり休むのです。

だからと言って、内見は無理なのか?
ということでもありません。
事前に、予約をしておけば、休日に対応してくれる会社もなかにはございます。
ただし、不動産会社の方にわざわざ休日に段取りしてた抱くのも悪いので、
「購入を前提にどうしても見たい。」物件に限定して、内見の予約をされる方が無難かもしれませんね。
もちろん冷やかしは厳禁です。

では、運よく気になる物件を内見することができた場合ですが、どこに注意して物件を見たら整理して見たいと思います。
本日は単身用の物件編です

まず賃貸目的なので、
・ロケーション
・設備
・間取り
物件資料と実際に現場でWチェックして見ましょう。

ロケーションは、単身用の場合、
借主を若者向けでお考えならば、
近くにコンビニ、ツタヤなど、若者が好みそうな施設があるかどうか?駅徒歩10分以内とか。
高齢者向けでお考えでしたら、
100円ローソンとか、100円ショップ。敬老パスがあるので、バス便でもだいじょうぶです。
生活保護者向けでしたら、
役所に近い、役所までのアクセスが良いとかの方が良いでしょう。

続いて、もしお部屋の中が見れるようであれば、
・そのままで貸せるかどうか?
・貸すには、リフォームが必要。リフォーム費用はいくら?
を知りたいと思います。

これはその場では、結論が出ない場合も多いので、後日、仲介業者さんに調査してもらい、報告を待ちましょう。

次に、収支です。
収支は、下記の数値が揃えば計算できます。
・購入時の経費
・かかるリフォーム費用
・保有時コスト(固定資産税、管理費、修繕積立金、火災保険)
・家賃
これも後日になりますが、仲介業者さんにご報告してもらってください。

ということで、実際、現場では、
1.ロケーションの確認
2.「誰に貸せば良いのか?」推理する。参考:お部屋間取り、建物外観、ロケーション、設備などから
3.仲介業者さんとの面談 よく動いてくれそうな方かどうか?を、リフォームの調査、収支の数値の調査報告などを依頼するときに見極める。

上記3点に絞って、ご確認ください。
そうすれば効率よく内見ができると思いますので、ぜひやってみてください。




コメント

非公開コメント