2018/04/27

リタイア準備に最適な物件とは?3

こんにちは。
今日は朝から、朝鮮半島で歴史的な会合がおこなわれました。
ドイツ統一のようなイベントになるのでしょうか?
また、いよいよ明日からGWです。

さて、
昨日のブログは こちら です。

リタイア準備のためには、新築戸建が一番適している説について、お書きしました。

では実際にシュミレーションしてみましょう。

新築戸建 郊外の1680万円 家賃11万円で貸せ、10年後に1500万円で売却
融資は、金利2.5% フルローン 返済期間35年 自己資金として200万円を用意します。
として収支計算をしてみます。

結果は、素晴らしいことになりました。

1.表面利回り7.86%
2.実利回り(FCR)7.06%
3.自己資金収益率3.7倍
4.自己資金運用利回り27.41%
5.毎月手残り39,000円

上の「自己資金収益率3.7倍」が意味することは、この物件に投下した自己資金168万円が10年後には、3.7倍の
(168万円×3.7倍=621.6万円)となります。

毎月39,000円のキャッシュフローも得られますので、投資としては上々です。

人によっては、もっと月額のキャッシュフローを増やしたいと思われるのであれば、
自己資金を増やして、ローン返済を減らせば、良いのです。

自己資金を、168万円から、500万円に増やした場合、
月額キャッシュフローは、3.9万円→5.1万円に、

自己資金を1,000万円にした場合は、6.9万円に増えます。

自己資金を倍にしたにも関わらず、キャッシュフローは、倍にはなっていませんので、500万円で良いのかも。
これであれば、4件新築戸建に投資すれば、月額キャッシュフローは20.4万円、10件ならば、月額キャッシュフローは、50万円となるのです。













コメント

非公開コメント