FC2ブログ
2018/04/21

戸建とマンション資産価値が高いのはどっち?3 まとめ編

こんにちは。
とうとう明日は真夏日だそうです。

さて、この戸建とマンションシリーズですが、

戸建とマンション資産価値が高いのはどっち?は、 こちら

戸建とマンション資産価値が高いのはどっち?2  こちら

をそれぞご参照ください。

それぞれのデーターは、

(戸建)
1.将来購入した価格と同等の価格で売却できそうな物件:名古屋市北区某所 鉄道駅徒歩3分 1,700万円 築33年、10年後売却予想価格1,500万円

2.住宅ローンはフラット35を利用:1700万円 返済期間35年 金利2.18%で、
返済額57,897円/月々

3.住む際の維持費比較:固定資産税・都市計画税4万円、火災保険2万円 毛合計6万円

4.貸したときの家賃:家賃9〜11万円 

5.投資効率(最初から貸した場合):表面利回り7%、実質利回6%、自己資金運用利回13%弱と投資効率は、かなり高いと思われます。

(マンション)
1.将来購入した価格と同等の価格で売却できそうな物件:名古屋市名東区某所 地下鉄駅徒歩2分 1,700万円 築32年、10年後売却予想価格1,500万円

2.住宅ローンはフラット35を利用:1700万円 返済期間35年 金利2.18%で、
返済額57,897円/月々

3.住む際の維持費比較:固定資産税・都市計画税10万円、火災保険2万円  管理費・修繕積立金月額2.5万円→年額30万円 合計14.5万円

4.貸したときの家賃:家賃9〜11万円 

5.投資効率(最初から貸した場合):表面利回り7%、実質利回4.59%、自己資金運用利回4.53%と投資効率は、Jリート並みと言えそうです。

となりますが、ここで見ていただきたいのは、最後のところです。

戸建:表面利回り7%、実質利回6%、自己資金運用利回13%弱
マンション:投資効率(最初から貸した場合):表面利回り7%、実質利回4.59%、自己資金運用利回4.53%

表面利回りは7%と同じなのですが、実質利回り(FCR)が、戸建の方が良いですし、事故運用利回りが、戸建の方が倍以上良いのです。ということで、投資効率は、戸建の圧勝と言えそうです。

その理由は、
・「支出が少ないこと」です。
よって手残り額の差が圧倒的に違ってくるのです。

マンションには、戸建にはない管理費、修繕積立金という出費がございます。
また、固定資産税・都市計画税もマンションの方が高め傾向。


それが積もり積もって、投資パフォーマンスの差に繋がるのだと思います。

しかし、これは同条件の物件を比較した場合において、戸建の方が投資的に優れているというお話であって、そんな同条件の物件が都合よく転がっているわけではありません。

現実は、マンション、戸建渾然一体の中から、投資効率の良い物件を選んでいくことになるのです。

どうぞ楽しい宝探しをお楽しみください。

コメント

非公開コメント