2018/04/13

ではどんな家を買ったら資産になるのでしょうか?3

こんにちは。
今日は昨日に続き、戸建編です。

 昨日のブログは こちら をご参照ください。

戸建はマンションと違う点がございます。
それは土地の価値がある点です。

戸建ての場合、建物の築年が経過して行くと、老朽化し、とても住みづらくなります。
最後は、建物を解体し、建て替えるという選択肢もございますが、そのまま土地で売却することもできるのです。

マンションの場合、土地は大勢の所有者と一緒に持ち分で保有ということが多く、そもそも単独で土地を処分することは現実的に難しいのですが、戸建ての場合、土地の売却は建物と一緒にではありますが、自由にできるのです。

よって金融機関の担保にもなるので、マンションと比べて、金融機関の評価も高いのです。

よって最終的に建物が老朽化し、価値がなくなったとしても、土地の価値が残るので、マンション価格よりも、下落が小さいということが言えるのです。

特に都心部の土地の価値が高いエリアほど、更地になったときに、高く売れます。
また、都心部の土地は、バブルの時は、より高く売れ、逆に不景気の時は、少し売れる金額は下がります。
このような特性がございますので、
売却する時期をリーマンショックの時など不景気な時期での売却をやめさえすれば、一定の価値が保てるというものなのです。

ただしこれは都心部のお話です。

郊外の場合、商店街はシャッター通り、現役世帯人口の減少、高齢化などによって、土地も毎年下落しており、ほぼマンションの表と同程度の下落率でお考えの方が良いでしょう。

よって、都心部で、検討するか?郊外で検討するかで、物差しが変わってくるので、注意が必要となります。

戸建ての場合、
都心部は、戸建ての指標 ↓
戸建

流石に土地の価値が高いためか、30年経過しても価格の下落は、新築価格の2/3です。

郊外の物件は、マンションの指標 ↓
マンション

をご参照いただきますと、良いかと思います。

こちらは下落率が高く、築20年で新築時の価格の1/2、
築30年以降になりますと、1/3から1/4へと下落してしまうのです。


庶民の場合戸建は、新築では買わず、郊外の築15年から20年位の物件を購入した場合、10年くらいは、価値が落ちないので、そういう物件を買って住み、築7年から10年で売却して住み替えるのが、資産形成には良いでしょう。



コメント

非公開コメント