2018/04/11

ではどんな家を買ったら資産になるのでしょうか?

こんにちは。
昨日のブログは、こちら です。

さて、住まいは生活の拠点であり、家族にとっては、お金の価値には変えられないプライスレスな場でもあります。

そんな住まいに夢を持つことは悪いことではありません。

ただし、お金の損得だけで言えば、確かに家は、お金を貯める資産ではなく、
お金を垂れ流す負債の側面もあるのは事実なのです。

では、そんな家を、果たして資産になるような買い方をできないものでしょうか?
そのような買い方ができれば、そんな良いことはありませんね。

そのためには、一つ諦めねばならないことがございます。

それは新築を買わないということです。

全ての新築住宅の価値が築年の経過とともに、下落するというわけではございません。
が、何年も価値の下落しない物件はほぼ、億単位の価格の富裕層向け物件に限られます。
それもエリアは、東京のみです。

例えば、こちら です。

こちらは、分譲時よりも高い価格で売買されているマンションの代表格です。

よって、富裕層であれば、このような物件を買えば良いと思います。

もしくは海外不動産でも良いかもしれません。

がそうでない方ならば、今の所は、残念ながら、新築は見送ったほうが良さそうです。

バブルの時期に新築マンションが一時的に買った価格より高く売れることもございますが、一過性の現象に過ぎませんので、はかない夢は見ないほうが得策なのです。

「マンションは、築年経過によって、価値は下落し、新築時の価格よりも、下がる。」
という、この格言というか、方程式に逆らわないほうが良いのです。

この考え方をご理解いただいたところから、マイホームの資産家計画はようやくスタートできるのです。

つづく・・・。





コメント

非公開コメント