FC2ブログ
2016/03/08

果たしてサラリーマンが行う不動産投資は儲かるのでしょうか?

昨年、大家300万人時代なる、コピーがとある経済誌で踊っていましたが、
IMG_1020.jpg

今年も不動産投資がますます盛んに行われています。

不動産投資は、そんなに儲かるのでしょうか?

不動産のプロの視点から簡単に不動産投資の利益構造についてわかりやすく解説してみます。

結論から申し上げますと、
「儲かるかどうかは、物件を購入しただけでは、わからない。」ということです。

なぜならば、不動産投資は、購入して、家賃収入が入るだけでは、まだ儲かったかどうかの判断は出来ないのです。

では、どうしたら、儲かったかどうかがわかるかと言うと、

その収益不動産を、売却して、はじめて儲かったか?損したか?がわかるのです。

勿論損する事もあり得るのです。

所謂、毎年の収支の合計と売却時の利益又は損益の合計が出ない事には、その投資の損益はわかりません。

よって、儲かるかどうかは、数年後にしかわからないのです。

だから、

物件が買えたと言って、喜んで入られませんし、沢山物件を保有している方が、儲かるとは限らないのです。

買えた時点では、まだゴールではなく、投資の始まりに過ぎません。

売却する迄は、まだ仕掛かり中なので、沢山準備して、利益を目論んでいる状態に過ぎないのです。

要は、沢山のビジネスを仕掛ける、実業家と同じ状態なのです。

よって不動産投資で儲ける為には、まずは、儲け方の勉強をする事が必須なのです。



コメント

非公開コメント