FC2ブログ
2016/07/15

女性の為の資産形成術セミナー

女性の為の資産形成セミナーを初開催しました。
IMG_1496.jpg


女性のお金の不安が少しでも解消されるのであれば、幸いです。
2018/01/31

第11回 物件マラソン日誌

今回は、区分特集。

単身用からファミリー用まで、物件を内見しました。

まずは、単身用の物件

IMG_0256.png

この年代は一気に価格が下がります。
ちなみに取れる家賃も下落しております。

内装の感じは、
IMG_0208.jpg

IMG_0207.jpg
これが壊れており、外からのインターフォンが使えませんでした。

IMG_0252.png
西向きですが、単身用の場合あまり方位は気にされません。

続けて、近所の単身用、車で5分ほどの単身用と区分を2物件外から見ました。
賃貸契約済みの入居者がいる物件の場合、お部屋の中は通常見れないことが多いです。

さらに金山付近でもう1件な意見しましたが、
IMG_0255.png

洗濯機置き場が外は人気がありません。

そして、最後にファミリー用の区分の内見にむかいます。

IMG_0254.png

マンションというよりも、団地ですね(笑)。

ところがこの団地、以外に高スペックだったのです。

まずは、
IMG_0219.jpg

どうやら耐震化工事がしてある?確認したいところです。

そしてフルリフォーム済み
キッチン
IMG_0217.jpg

浴室も綺麗に。
IMG_0223.jpg
ただしバランス釜

トイレ
IMG_0224.jpg

賃貸に即出せそうです。

IMG_0253.png

ご質問タイムも賑やかに。

その後は近くのおしゃれカフェでまったり。
IMG_0229.jpg

ご参加ありがとうございました。
2018/02/10

早速不動産会社に連絡して見たら?!なんと!!!

昨日のブログでお書きしたことを実際にやって見ました。

昨日のブログは こちら

早速不動産会社に電話をしました。

こういう時は、メールより電話の方が話が早いのです。

ただ、メールよりも電話の方が「どうなったかなぁ」とドキドキはしますね(笑)。


それで結果は!!

なんと、
売買契約の日時がまだ決まっていないそうなのです。

そこで、もう少し聞いて見ました。

私:「どうして買い付け出したのに、契約されないのですか?」

不動産会社:「それが、契約の日にちをお決めいただけなので、返事待ちになっているのです。」「木曜日にご返事いただけるはずだったのですが、その日ご返事いただけませんでした。」

私:「その方は融資を利用されるのですか?」

不動産会社:「いいえ現金で購入される予定です。」

私:「現金で買われる方でしたら、なぜ契約しないのでしょう。」

不動産会社:「あまり期待を持たせてもと思い、言うのを迷ったのですが、実は、他の物件と天秤をかけているようなことも言われるので、正直、契約いただけない可能性も10%くらい感じるのです。」

私:「では、キャンセルされる可能性もなきにしもあらず?ですか??」

不動産会社:「契約していただけると思いたいのですが・・・。」

となんとも煮え切れない状況だったのです。

少し様子を見て、もしキャンセルされるようならば、チャンスが到来いたします。

さぁどうなるでしょうか。

神様よろしくお願いします。

2018/02/11

物件探し編1

さて、昨日のブログでも書きましたが、
気になっていた物件の状況がどうなるか?

購入できる可能性が少々出てきたことで、少し気持ちが明るくなってきました。

ただ、少し時間がかかりそうですので、今週は他の物件を探すことにしました。

できればこの3連休に、物件をいくつか内見できればと思ったりします。

ところが、
物件の内見は、今日の今日ですぐできるかというと、なかなかそうはいかないのです。

その理由は、
不動産会社って、基本美容室と同じような予約制なのです。
美容室の予約って、事前に何日も前からしますよね。
人気のスタイリストさんの場合、予約すら難しいなんてお話もよくございます。

それとと同じように、人気の物件には、事前に内見の予約がたくさん入っています。
だから、物件の内見の予約は、やはり数日前が良いのですが、
少なくとも前日の午前中までには、予約を終えておくのが良いでしょう。

また不動産会社の思惑として、
週末の土日に内見を集中させたいという考え方がございます。
理由は、会社の休みが多い土日に、家族全員に見てもらい、内見されたお客様に意思決定を早くしてもらいたいのです。

また、多くの内見が重なることで、検討している方が、焦り、早く申し込まねば、他の人に買われてしまうという心理作戦も同時に展開されているのです。
なかなか考えられているとは思いませんか?(笑)


そんなこともありますので、私も明日の内見を目指して、ちょっと段取りしてみることにします。



2018/02/12

物件探し編2

週末に新しい物件をみようと、昨日から不動産会社のホームページを見て、物件を探しました。

その中で一つ、今回買いそびれた?物件に価格帯の近い、古いファミリータイプの区分が掲載されていたので、

その物件の問い合わせ先の不動産会社にメールで資料請求を行いました。

ちなみにご要望欄がありましたので、内見を希望する旨も書き添えておいたのです。

そうしましたところ、本日午前中に、メールの返信がありました。

早速ありがたいご返事です。

ところが、
その内容を見てびっくり。

なんと!!

「契約済みとなりました。
同じマンション内に他の物件がございますので
そちらの資料をご送付致します。」

こんな内容だったのです。

なんと売れてしまっていると言うではありませんか?
こうなると少々腹も立ってくるものです。
「なぜ売れた物件を堂々と、サイトに掲載しているのか!!」っと!!
皆さんもそんな経験はありませんか?

ひよっとしておとり広告か??
ジャロに報告しなければと、ついうがった見方もしてしまいます。

この会社は、大手の会社ではなく地場の会社、だからモラルもコンプラもないのかもと、勝手に決めつけて、溜飲を下げているお馬鹿な自分。

ちなみに、
某信託銀行系のコンプラの厳しい不動産会社の場合、
買い付けが出た途端に、ホームページから削除される決まりだそうです。

もし売れなかったら、また再掲載すると言う徹底ぶり。

消費者にはこの方がありがたい感じはします。

また、
某財閥系の不動産会社の場合は、売買契約が締結されるまでは、掲載され続けています。
私も、過去に、これ検討したいと、問い合わせすると、
「すでに買い付けが入り、契約に向けて商談中」と言われることがありました。

この場合は、問い合わせした時点で、買えない可能性が高いと告げられると言うことで、
物件が買えない残念感とそんな物件に問い合わせさせられると言う無駄足感が相乗効果となって、腹が立ちます。

でも最初の契約後もネットに掲載している地場会社よりはマシと言えるかも。

とりあえず、今日は気分が乗らないので、検索は辞めることに。

では続きはまたの機会に・・・。